アニマルセラピー

アニマルセラピーとは?

動物とのふれあいから生まれる様々な効果が医療や福祉教育の現場で活用されています。広義でアニマルセラピーと呼ばれるこれらの活動は、目的などにより大まかに以下の3つに分けられます。

1.動物介在活動(Animal Assisted Activity)

一般にアニマルセラピーと呼ばれる活動の多くはこのタイプ。

動物とふれあうことによる情緒的な安定、レクレーション、QOLを目的としたふれあい活動。主に高齢者施設で行われているが、病院やホスピスなどでも行われている。


2.動物介在療法(Animal Assisted Therapy)

人間の医療の現場で専門的な治療行為として行われる。

動物を介在させた補助療法。医療従事者の主導で実施される。

精神的身体的機能、社会的機能の向上など治療を受ける人に合わせた治療目的を設定し、適切な動物とハンドラーを選択し、治療後は治療効果の評価を行う。


3.動物介在教育(Animal Assisted Education)

幼稚園・小学校に動物と共に訪問し、正しい動物とのふれあい方や命の大切さを子供たちに学んでもらうための活動。

生活科や総合学習などのプログラムとして取り入れる学校も徐々に増えている。


動物とふれあう、動物を飼うことのメリットはどんなことがあげられるでしょうか?

 

生理的・身体的効果

  • ペットと一緒にいることで血圧が下がる
  • 犬のお散歩で歩くため健康になれる
  • ペットを飼っている方が飼っていないよりも長生きする
  • ペットは温かいと感じ、抱きしめることができる
  • 心臓が動いている・生きていると実感できる
  • ペットの死で命の尊さを知る
  • ペットを飼うことによって健康を維持するための重要な笑いや安らぎをもたらす
  • リハビリをしないといけない方が、わんちゃんと一緒ならいつものリハビリが頑張れる・楽しい

社会的効果

  • 犬のお散歩で今まで話したことがない人と話したり、話しかけられたりする
  • 高齢者の方々が、わんちゃんがきっかけとなり、昔のことを思い出し話だす
  • ペットを飼うと、家族で犬を可愛がり会話が生まれる
  • ペットは外見で判断・差別しない

心理的効果

  • ペットと一緒にいることで人が癒される
  • ペットと一緒にいることで人のストレスが減る
  • ペットと一緒にいることでほっとできる
  • ペットと一緒にいることで優しい気持ちになれる
  • ペットと一緒にいることでリラックスできる
  • ペットと一緒にいることで安心感がえられる
  • ペットと一緒にいることが孤独感を減少させる
  • ペットと一緒にいることで抑うつが軽減される
  • ペットと一緒にいることが精神的な支えになる
  • ペットとふれあうことが楽しい・良い遊び相手となる
  • ペットは落ち込んだ気分に安らぎを与えてくれる

 その他

  • ペットはうそをつかない
  • ペットは甘えてくる
  • ペットは裏切らない
  • ペットは人のこころを動かす力がある
  • ペットは間違えても指摘しない
  • ペットはダメ!っていわない
  • ペットと言葉がなくても伝わる
  • ペットは本物の愛を与えてくれる
  • ペットは子どものよき理解者となる
  • ペットに何でも話せる、話を聴いてくれる
  • 無条件の愛
  • 慈しむ心
  • ありのままの存在を認め合う
  • ペットのまっすぐな愛し方
  • 人と動物の絆
  • 子どもさんの命令でもわんちゃんがゆうことをきく

 

などなど、たくさんでてきます。

 

ドッグセラピーの開催

ボランティアの育成

専門家を招いてのセミナー開催

障がいのある人・認知症などのお勉強会

賛助会員募集中

個人 

入会金   5000円  

年会費 3000円

 

団体 

入会金 10000円 1口    

 年会費  10000円  1口

1口以上でお願いします

 

年度初めは1月1日より12月31日まで

 

入会申込書はこちら

 

入会や活動についてのお問い合わせはこちら

 

特定非営利活動法人

心織 ここる

 

大阪府四條畷市岡山2丁目

設立 2014年4月16日

 

2017年8月

大阪市鶴見区に移転